スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment (-) @ スポンサー広告

[レビュー] Asus Vivotab Note 8

2014/06/02
買いました!!
皆さんの参考になれるため精一杯レビュー致します。


購入のきっかけ

最近8インチのWindowsタブレットが流行っています。うん…主に艦これのために購入する提督たちも多いでしょう(笑)。私は艦これをやっていませんが、大学の勉強をするため、ノートパソコンやタブレットの購入を検討し始めました。

自分はもともと友達がプレゼントしてくれたソニー VAIO Pを持っています(7インチのノートパソコン)、低いスベックでも快適使えるWindows 8.1 update 1を入れましたが、反応が遅い上に熱暴走しやすいので、新製品を買う気になりました。

まず、毎日学校まで肌身離さずもっていることを前提として、なるべく安くて、軽くて、コンパクトなパソコンがほしいところでした、自分は7インチのVAIO P(VGN-P70H)を長い時間使ったので、8インチのHDディスプレイは小さすぎるにはならないと判断し、候補に入れました。

普段愛用としていたVGN-P70H。


そして、勉強用にOFFICEやX86のアプリケーションをつかうことが必須なので、アンドロイドタブレットには論外だと思います。その上タッチスクリーンがあるとマウスなしでも快適に使えるよう、主に8インチを候補を入れました、ちなみに10.1インチのASUS TransBook T100TAも入れました。


候補に入れた製品のスベック一覧。


8インチのタブレットのスベック一覧。

T100TA


私もなるべく国産の製品が買おうと思ってましたが、東芝のやつは3万円わりにメリットはなさそうだ、おまけに他の機種よりやや重い。そのなかでレノボのが一番安いですが、どうしても中華ブランドはちょっと…

色々悩んでて、最後に決めたのは他でもなくASUSのVivotab Note 8の64GBのやつでした。目当てはもちろんワコムのデジタイザです。ONENOTEをうまく活用できれば授業のノートを簡単に取ることもできると思って、購入しました。

追記:T100Tを購入した、開封の儀はこちら


---------------------------------------------------------------------------------------------


開封の儀

届いた。

中身



スリーブに入ってる模様。

保護カバーで緩い方の角度に立てます。(ペンを使うには絶妙の角度です。)



---------------------------------------------------------------------------------------------
完璧までに最適化及びカスタマイズをします

さ、皆さん、こっからがポイントです。最大限までの性能を引き出すため、
ほかのところではなかなか見えない私にしか書けないコツを教えいたします。



1.更新地獄
はじめからはwindows 8.1が入ってます。まずWindows Updateを起動して、長い更新地獄を待ちましょ。
起動ー>アップデートを検査ー>ダウンロードー>インストールー>再起動
という輪廻を何度も繰downloadり返してやがてwindowsアップデートにもう何もでないなら新しい段階に入りましょ。
EMMCとは言えアップデートの時間はとてもとっても長いです。気を長く持ちましょ。

2.[極めて重要]ASUS Vivotab Note 8専用のワコムドライバーを入れましょう!!
ダウンロードリンク

入れたら、アプリのなかに「ワコムペン」というアプリを見つけるはず。

そこでいろいろ便利な設定ができます。そしてズレを抑えるよう調整ができます。


調整画面



追記:2014年7月にリリースされた新しいドライバーのなかはもう16点精度調整することができます。


3.必要なソフトを入れましょう。
私の場合はOFFICEをアクティベート、Win8 StyleアプリバージョンのONENOTE、
映像再生のMPC-HC、音楽再生のFOOBAR2000,、そしてPHOTOSHOP CS6(もちろん快適で動いてます)
などなど。

4.デバイスの暗号化をオフにする
参考リンク

5.性能を更に上げる及びディスクの容量を確保するための手段。

*システムの復元を無効及びに復元ポイントを削除します
参考リンク

*回復領域を削除してCドライブの容量を拡大する(私はまだ容量の余裕を持ってるので実行しません)
参考リンク

カスタマイズしたスタート画面-1(アプリと言うのはWin8 Style APP)
(ちなみに、WIN8のFACEBOOK、TWITTER、LINE、SKYPEはいいですよ^^)


カスタマイズしたスタート画面-2(データはフォルダへのリンク、X86はX86のアプリケーション)




7.ディスクのクリーンアップ[重要]、そして最適化ツールを入れてスキャンしましょ。
ディスククリーン用のCCleaner


そして最適化ツールのAdvanced Care 7


ディスク クリーンアップは必ずしてね、とくにシステムファイルのクリーンアップでかなりの容量を確保できます。


これでたとえ回復領域を削除しなくても大体64GBの機種は30GBぐらいの空き容量を確保できます。思った以上に多いでしょう。これはすべてWindows 8.1のお陰です。


---------------------------------------------------------------------------------------------

評価編


1.外見

日本人の多くの方が知らないかもしれませんが、このAsus Vivotab Note 8のデザインはAsusのZenfoneとは同じです。
値段は低いですが、値段以上の品質です。触り心地もよく、外見にういての不満は全くありません。重さはおよそ380gで、片手で持っても特に負担は感じません。Windowsタブレットにしてはとてもとても軽いです。

付属ののデジタイザは小さいを言う方も多いですが、私はノート取ることに対して不満も感じませんでした。とても書きやすいです。唯一やや惜しいところは端っこにあるボタンはちょっと見つけにくいです。

2.ATOM Z3740の性能
みなさんもしすこし他の記事やレビューを見たことがありましたら、
Z3740の性能についてすこしは把握してるとお思います

まず今流行ってる艦これ、ソーシャルゲー、ネットゲー、ブラウザーゲー、
そして軽いネットゲー、昔のゲームならドラクエ10みたいも完全動作です。
ギャルゲーは? ももももちろん超快適です!
試しに私のお気に入りの穢翼のユースティアを入れて見ました。
そして、なんと、なんとタッチでプレイできます!!!
しかも超快適です!!!


注意するべきところはmicro SDの読み取りが遅すぎるため(カードのスビードの問題ではありません)、
micro SDでギャルゲーをインストールし、そしてプレイするのは不可能です。ラグがひどすぎます。
(ビデオ再生と音楽再生は全く問題ありませんが。あとでまた語りましょう。)
これで他の種類のゲームをmicro SDにインストールしてプレイするのも恐らく不可能でしょう。
私も32GBのを買おうと思って、micro SDにソフトやゲームを入れたら問題ないだと考えていたが、
甘かった!!32GBだと絶対に足りないだと思います…
ですので、64GBの機種を買うのを強くおすすめします!!!

ゲーム性は一応検証しましたが、
続いてビデオ再生(MPC-HC)、


そして音楽再生(Foobar2000)



どちらも快適です!コマ落ちなどしません!
ちなみにブルーレイでも問題ありません。4kは試してませんが多分できませんと存じます。


続いて、ここが面白いところです。私が持っているソニー Xperia SP((Qualcomm Snapdragon S4 Dualコア1.7Ghz)とRAM 1GB,、OSはアンドロイド 4.3 )と同じ自宅の無線LANに繋いて、ウェブ表示のスビードについて試合をしてみました。

Xperiaに使用のはChrome、Asus Vivotab Note 8にデスクトップのIE11そしてMETROのIE11別々で挑みます。
結果、Asus Vivotab Note 8の全勝です!!
スビード感についてはデスクトップIE>METROのIE>>Xperia with Chrome
およそXperiaより2、3秒早いでした。

そしてなりよりウェブ表示にはより快適です。

例えば咲ー阿知賀編-のサイト
Xperiaにはかくかくに感じます、Asus Vivotab Note 8はヌルヌルで動いてます!

3.メモリが2GBにしては足りますか?

メモリの使用は普段ただ6XX~8XXMBだけです。


Windows 8.1 Update 1のお陰で、メモリの使用率は極めて低いです。多分Win7Starterより低いではないかと私は思います。だから思ったよりずっと快適です。ただしタブをいっぱい開いたらもちろん負担になりますよ。そこはメモリ使用率が低いIEをメインとして使いましょう。

Photoshop CS6も問題ありません。起動したらメモリはまだ6XXMBが残ってます。



4.ストレージについて

内蔵の64GB EMMCのDiskMarkです。


続いてMicro SDは大体こんなスビードだけです。これ以上早くなるのはできません。


故にどうしても外付けストレージでゲームやソフトを実行したいと思ったら、USBメモリにしましょう。
大体読み取りと書き込みは40MB/sまでになれます。3.0がないのは残念ですが、USB2.0にしては早いですね。

5.電池持ち
これも驚きました。最新のATOMプロセッサーの優れた節電性のお陰て、結構長持ちができます。
高負荷で5時間、低負荷はおよそ8~9時間まで伸びることができます。
そしてなりよりはINSTANT GO対応で、とても便利です。
(電源キーや一定時間操作を行なわずにスリープ状態に移行した後、
30秒に1回、画面はオフにしたまま、通信をするバックグラウンド処理を実行させます。たとえば、新着メールのチェックやSNSアプリの更新確認などに利用されているという)
そしてインテルのグラフィックスプロパティのディスプレイ省電テクノロジーと合わせつ使えば、
もっと電池持ちをながくすることができます!

6.液晶の画質

正直に言えば、いいではありません。
Spyder4Expressというモニタキャリブレーションシシステムで分析すれば色域はsRGBの83%です



今メインに使ってるデスクトップモニターと比べてばは劣りますが、この値段に相応のクオリティーと思います。

EIZO(ナナオ) FS2333 VS Asus Vivotab Note 8








結論

Bay-Trail内蔵の8インチタブレットは中々快適に使えるものです。昔のATOMの性能不足を大きく補強された感じです。
おまけにEMMCの助力で思った以上にずっと快適です。ギャルゲーもよし、ウェブブラウジングもよし、艦これや他の軽いゲームもよし、PHOSHOPもよし、絵を描くのもよし、ノートを書くのは最高。
一言に言うと大の満足です。もうスマホはいらなくね?ぐらいです。
デジタイザ付きの軽いWINDOWSタブレットを買おうと思ってる方はこのASUS Vivotab Note 8を大きくオススメします!

ASUS VivoTab Note 8 タブレットPC ブラック ( WIN8.1 32Bit / 8.0inch WXGA / Z3740 / 2GB / eMMC 64GB / Microsoft Office Home&Biz 2013 / スタイラスペン 付属 ) R80TA-3740S

ちなみにデジタイザが要らないと思ったら、T100TA、T90CHI、T100CHIを検討してみてはいかがでしょうか?


ASUS TransBook T90CHI ノートブック ( WIN8.1 32BIT-WITH BING / 8.9inch WXGA touch / Z3775 / 2GB / eMMC 32GB / BT4.0 / ダークブルー ) T90CHI-32G


ASUS TransBook T100CHI ノートブック ダークブルー ( WIN8.1 32BIT-WITH BING / 10.1inch WUXGA touch / Z3775 / 2GB / eMMC 64GB / Microsoft Office Home&Biz 2013 ) T100CHI-3775S


ASUS ノートブック T100TAM ( Win8.1 with Bing 32Bit / 10.1inch / Atom Z3775 / 2G / 64G EMMC+500G / MS Office H&B 2013 / グレー ) T100TAM-DK564S


【Amazon.co.jp限定】 ASUS ノートブック TransBook T100TAM スリーブ付属 ( WIN8.1 64BIT-WITH BING / 10.1inch HD touch / Z3795 / 4G / 64G EMMC / Microsoft Office Home&Biz 2013 ) T100TAM-B-64S-A

スポンサーサイト
comment (2) @ パソコン
約1万円のWindowsタブレットが来た!!!! | 自分のパソコンをWIN8.1にアップグレードし、そしてスタートページをカスタマイズしてみました

comment

No title : chiot @2D1XyxhI
初めまして。設定などを参考にさせて頂きました。
64GB版の場合はリカバディスクを自分で作成しないといけないのですね。
32GB版はMicroSDについているみたいなのでそこは残念です。

私もユースティアが好きでAsus Vivotab Note 8にインストールしてみました。
メインの容量が少ないのであまりオススメされていないMicroSDにダメ元で入れて見たのですが、そのままの設定では入らなく、MicroSDの中に仮想化HDDを作成するという方法を行い、ユースティアをインストールしてプレイしてみた。

そしたらなんと普通に内蔵と変わらない速度で動いたので一応報告をさせて頂きます。
使用したMicroSDはamazonで購入したTranscendの64GB、microSDXCカード64GB Class10 UHS-I対応 TS64GUSDU1E (FFP)というものです。

他のゲームもいくつか入れてみましたが、動くようです。
MicroSDHDD化はこちらの記事を参考にしました。
ttp://digit.air-nifty.com/blog/2014/04/windowslenovo-m.html

以上、参考になればと思います。

2014/07/27 Sun 18:15:13 URL
RE:No title : 平成奇跡 @-
どうもchiotさん、初めまして。
コメントありがとう御座います。また、貴重な情報ありがとう御座います。
仮想化HDDにするとスピードは若干ダウンと書いてますが、それでパフォーマンスは落ちるのはずですが。
もうしSDカードでの動作が無理でしたら、仮想化HDDしても無理なはずです。
それともTranscendの64GB、microSDXCの性能のほうがいいなのか。興味深いです。
最近忙してるので、時間があれば、また試してみます。

2014/07/31 Thu 22:43:26 URL

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。