スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment (-) @ スポンサー広告

[長期レビュー] 低価格にして超弩級解像度を持つイヤホン「JVC HP-FXD70」

2014/06/21
1172440_454250158014532_2076124918_o.jpg

1399663_454250141347867_1173510086_o.jpg

1398579_454250148014533_247758891_o.jpg

892626_454250134681201_1404148170_o.jpg

1403652_454250291347852_2135236743_o.jpg

1397328_454250131347868_618675105_o.jpg

964983_454250264681188_1050115696_o.jpg



入手の経緯

本来は友達の好評で半信半疑でした、
でも届いた際、一聴ですごく驚きました。

デザイン

結構いいです、安いという感じはありません。
フィット感もかなりいい。私の場合、何時間つけても問題ありません。
ちなみに、付属のクリップは結構役に立ちます。


(コードのぶらつきやこすれ音を抑えます。)

仕様
キャプチャ

視聴環境
音楽プレイヤー:SONY ウォークマン Z1070,、FOSTEX HP-A8、SONY CD WALKMAN D-E880、Xperiaスマホ
音源:アニソン1000曲以上、そのなかにMORA、OTOTOYから購入したハイレゾアニソンをいっぱい持ってます。

もっているハイレゾアルバム

OTOTOYから購入したもの:
WHITE ALBUM2 Original Soundtrack ~setsuna~ (2.8MHZ DSD)
WHITE ALBUM2 VOCAL COLLECTION (2.8MHZ DSD)
WHITE ALBUM2 オリジナルサウンドトラック (2.8MHZ DSD)
のうりん 挿入歌「コードレス☆照れ☆PHONE」 (48khz/24bit)

MORAから購入したもの:
春奈るな Oversky (96khz/24bit)
榊原ゆい 星刻の竜騎士 OP「聖剣なんていらない」 (96khz/24bit)
ALTIMA TRYANGLE (96khz/24bit)
などなど

PCでの音楽再生ソフトはFoobar2000

気になる音は

FXD70の特長と言えば、やっぱりその値段に割りあわない解像度が衝撃的です。
細かい部分や音の輪郭がとっても明晰です。
音の線は細いでも低価格BA型のように細すぎるにはなりません、
まるでBA型の解像度で、BA型の欠点にない不思議なダイナミック型のイヤホンです。

しかも、高域はかなり伸びれて、とても明るくて綺麗ですです、
中域の量は少ないですが、それでも解像度が高くてボーカルの表現はいいです。
低域の量は中域の不足感より強い、でも低域が弱いというわけでも言えません、
少なくとも高解像度曲を楽しめる最低限の重低音は出てくれます。

音場といえば、FXD70の音場は大きくありません、
フラグシップのイヤホンを基準にすれば、やや狭いです。
でも、立体感は素晴らしい。
これだけで、低価格モデルと一線を画せる実力は確実持っていると判断できます。
低音は強くないが、ボーカルは艶やかではありませんが。
音は明瞭で、余計な色付けがないと感じます。
そう、モニターイヤホンの音です。オーテクの元フラグシップBA型イヤホンのCK100PROの音と似ています。
そのエントリと言ってもいいでしょう。

ハイレゾの視聴では、ダイナミック型の故、帯域はBA型のモデルより広い、たぶんそれも関係があって、
FXD70は安いモデルとはいえ、ハイレゾでの再生能力は決して侮ることはできません。
はっきりハイレゾとCD音源を区別することができます。
DSDならその差はもっと絶大、誰でもCD音源との差が判別できるでしょう。

結論



JVCとは不思議の会社です、地雷と良作もあります。
今回紹介したFXD70はまさに宝的な存在の良作です。
(ちなみに視聴によってFXD60と80はFXD70より劣ると存じます。)
HDマイクロユニットの実力は確かにすごい。この値段で、ダイナミック型なのに、
BAなりにの高解像度を実現できて、本当にとてもうれしいことです。
これで外出で音楽を聴くでも、動画鑑賞でも、FXD70があれば、どの初心者でも簡単に圧倒的なクリアの音で楽しめます。
もうオーテクのIM03とAD2000Xなどのフラグシップモデルを持ってる私にでも、FXD70の魅力は相変わらずです。
モニターライクのサウンドですので、オーテクの濃厚のボーカルとも全く別の風味。
安いですので、丁重に扱わなくても、どこまでも簡単に高解像度の音を持っていけます。

ここで特にまだ付属品を使ってるイヤホンに興味がある初心者たちにこの高解像度で冷徹している音をおすすめします。





JVC カナル型イヤホン HA-FXD70-S


JVC カナル型イヤホン HA-FXD70-B


 
スポンサーサイト
comment (0) @ オーディオ
Xperia sola(MT27i)にUltraXperia™ v1.6.5のROMを焼いた | [紹介] これがあると便利!Windowsタブレット をもっと活用するためには?

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。