スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment (-) @ スポンサー広告

[転載レビュー] ソニーの逆襲、コスパ王者「MDR-EX650」

2014/06/15
このレビューは私、平成奇跡が通訳したので、友達のAzureimfさんから転載の権利をいただいました。

MDR-EX650
DSC02156.jpg

DSC02157.jpg

DSC02158.jpg

DSC02160.jpg

DSC02163.jpg

DSC02197.jpg

DSC02198.jpg

私は嘗て今年の2月、つまりEX650が発売される際に銀座のソニービルに視聴しに行来ましたが、、
その時はあんまりいいではない評価を残した。
しかし数ヶ月が経っての前週、電気屋でまたEX650を試聴してた時、その音に対する印象が劇的変わった。

当時が与えてくれた震撼は大きかった、
なぜ前回との感想にこんなに大きな差があるだろうか。
じっくり考えたら、いくつの原因を挙げれる:

一つ、人間の耳は比較で音の良さを判断するものです。

もしかしたら前回視聴した時の私はフラッグシップのヘッドホンの音に慣れていたら、
相対的にカナルイヤホンの音が悪くて耳に入りにくいと存じます、
だから私ははカナルイヤホンを試聴する度にEX1000を持ち出して、比較する基準にします。

一つ、当時の体の調子が良くないかもしれません。

私は昼間でイヤホンを聞くには常にイライラに感じます。
しかし深夜になったら相対的に音が良くなるように感じます。
そして風邪をひった風邪を引いた時に音楽を聞くにも音の良さを感じません。

一つ、ダイナミック型イヤホンのエージング。

私はEX1000/EX600、FXD70の上でダイナミック型イヤホンのエージング前後に劇的な差があると確実に感じた。
今回のEX650のレビューと前回の違いもエージングの完成度によって差が出たと結論をつけます。
今回で懲りたことによって、
私は今後ダイナミック型やハイブリッド型のカナルイヤホンをもっと謹んで視聴します。

そして、今回の感想に間違いがないように、
私は2つの違い場所に展示されたEX650をそれぞれ視聴してきた。
最後にエージングしたあとのEX650の特性をまとめました。

まず、EX650の中域、中高域、高域の音響性は極めて高いです、
ダイナミック型のイヤホンの中で優れた解像度を持つ。
中域から高域までの解像度を語れば、EX650はEX1000同等レベルです、
でも低域の解像度はEX1000が勝ちます。

【音場】 EX650は中等大きさで包囲感がある音場を築いた、
昔のEX90SLとEXEX510SLに似ている,音場は一応立体的に感じる、
音が詰まるを感じることはない。

【ボーカルの表現】 EX650は温かい、中域が濃厚であるソニーらしい色付けを維持してる、
色付けの感じはオーテクとは違いうが、でも私はソニーのイヤホンに対する体感によって、
EX650の女性ボーカルの表現はかなり艶やかがある。

【中高域】 EX650の最も注目すべく得意な部分です、EX650の高域は透明で、
貫通力がよく、解像度が極めて高くて、むしろBAイヤホンのような鳴る方に感じます。
昔のレビューの中でEX650にサ行の刺さりがあると書いてしたが、
この数日で視聴した3つのEX650の中では確かに一つまた少しそう感じたEX650がありました、
でも他の2つのEX650は十分エージングした方はさ行の刺さりは気にならない程度に抑えました。(EX1000と同等レベル)

でもEX650はまた弱点があります、
強調し過ぎた低域と低域の分解能が普通のがEX650の最大デメリットです。
十分エージングしたあとのEX650でも低域の分解能と制御力は優秀というレベルにはなれません、
特にXB90EX/EX1000/IM03と比べたら更にそう感じます。
そして低域の量感が多すぎて、やや他の音域に影響を及ばす。
よって、私はEX650で音楽を聞くときにはイコライザーで低域を抑えるのをオススメします。
ソニーウォークマンを例とすれば、CLEAR BASSをマイナス4からマイナス5を設定するのをオススメ。
イコライザーで低域を抑えたら、EX650の低域の量は丁度良くなります、
しかし低域と中低域で築いた音場の雰囲気はややXB90EX/EX600/EX1000などの16mmユニットを採用したソニーイヤホンより劣ります。


im03
DSC02169.jpg

DSC02170.jpg

DSC02171.jpg

DSC02173.jpg

ATH-IM03と比べて

実はEX650の色付けとIM03は似ているところがあります。
EX650を聞いたあとIM03に切り替えてみたら
、最初に感じたのはIM03の中高域頻の透明感とクリアさは明かりにEX650より段上げました。

【解像度】 IM03の低中高域はEX65より優れてる、
そしてEX650の弱みの低域分解能はIM03の上でかなり改善された感じがします。

【低域】 IM03の低域量感は足りて、そして立ち上がりが素早く、ソニー自家の低域とは違う方式です。
【音場】 大きさでは、IM03はEX650より更に一つ段上げる、でもEXEX1000より小さい。

総合的に、IM03はEX650の全面アップグレード版に似ている、もし予算があってダイナミック型だけに拘らなければ、
私が最もオススメするのイヤホンは相変わらずIM03であります。

EX1000と比べて

前に言ってた通り、中高域の解像度なら、EX650はEX1000と同レベルです。
しかしX1000の全体的の音は更に滑りがよくて繊細です。
相対的に、EX650の音の輪郭は僅かEX1000より渋いと感じる。
EX1000が主にEX650より勝ってるところは低域から中域で築いたステージ感がある雰囲気はです。
EX1000の音は繊細で上品な雰囲気が溢れて、篭ってない暖かくて刺激ではない感じです。

【高域】 EX1000低域の伸びと解像度はEX650よりいいです。
【音場】 EX1000がEX650よりずっと大きい、音場の巨大の差で曲に対する表現の感じもかなり違う。

XB90EX
DSC02199.jpg

DSC021202.jpg



XB90EXと比べて

XB90EXはEX1000の低域寄りのダウングレード版に感じますが、
でも広い音場とステージ感がある繊細な表現はEX1000から引き継いてます。
EX650の中域、中高域、高域の解像度はXB90EXより優れますが、低域の解像度はXB90EXより劣ります。

【音場】 EX650のやや包囲感がある音場はXB90EXより小さい、でも音場の定位はXB90EXより立体的です。
【ボーカルの表現】 EX650とXB90EXそれぞれ得意な部分があります。
強いて言えば、EX650のボーカルはCK100PRO/IM03のような色付けがある。

CKR10
DSC02175.jpg

DSC02176.jpg



ATH-CKR10と比べて

CKR10の三回の視聴ノートは今後の文章を見てください。
私はEX650の低域の弱みとCKR10の中域共鳴の缺陥がそれぞれのマイナスポイントであって、総合評価は同じレベルです。ボーカルの豊かさはCKR10とEX650の評価にそれぞれに違いがあって、勝負付けのが難しいです。
音場では、 両者の音場の大きさと定位感も大した違いがない、
高域の表現はEX650とCKR10に違いがあるが、総合的には互角に感じる。

でも六倍もある値段差を考慮すれば、
私は謹んで長い時間をかけ、繰り返して視聴し、この評論を付けた。

まとめ

実売価格6000円に鑑して、
私はEX650かなりオススメします。
この値段のイヤホンは完全無欠にはなり遂げませんが、
EX650の中域から高域で示した素晴らしい素質、
値段を遥かに超える実力は十分あります!
XB90EXより,私は同等の評価を与えますが、
でも両者の色付けが違います、
ソニーの低価格二刀流にオススメできる理由に十分にあります。
EX650は本人が初心者たちにおすすめするの最新イヤホン、
もしIM03/CK100PROを持ってる方ならスルーして大丈夫です。

SONY MDR-EX650
再生プレイヤー : SONY Walkman Z1070
音域の版ランス性:やや低域寄り (8-6-5-5-6)
全体的な感じ:
低域:★★★☆
中域:★★★★☆
高域:★★★★☆
解像度:★★★★☆
ボーカル:★★★★
音場の広さ(総合):★★☆
音場の方向:中型立体音場

フィット感:★★★
オススメ度:★★★★☆
コスパ:★★★★★


21v-Qi2o%2B4L._SL500_AA300_.jpg

ソニー ダイナミック密閉型カナルイヤホン (ブラスブラウン)SONY MDR-EX650-T


21N5S97ktvL._SL500_AA300_.jpg
ソニー ダイナミック密閉型カナルイヤホン (ブラスブラック)SONY MDR-EX650-B
スポンサーサイト
comment (0) @ オーディオ
[紹介] これがあると便利!Windowsタブレット をもっと活用するためには? | [長期レビュー] この前面刻印の真っ黒な一体感にお気に入り。FILCO MajestouchBLACK FKBN108MC/NFB2

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。