スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment (-) @ スポンサー広告

[レビュー] アニソン鑑賞用で強い、オーテクイヤホン姉妹IM02/IM03

2014/06/08
IM03の開封の儀はこちら

前書き

IMシリーズ、
オーディオ・テクニカのBA型イヤホンの最新作、
もうすでに発売から半年ぐらいが経ちましたですが、相変わらず人気は上がれ上がれません。
私は間違ってると思います。
なぜそう言えるですか、とりあえず続きをを見てください。

自分は昔大量のオーテクイヤホンとヘッドホンを買ってた
ATH-EQ44->ATH-EM7->ATH-CM7->ATH-EW9->ATH-CK100->ATH-CK100PRO->ATH-ESW11LTD、JVC FXD70
->ATH-AD2000X

(今愛用してるのはAD2000XとFOSTEX HP-A8です。)
その中で、CK100PROは私の嘗ての愛用イヤホンでしたが、お金のため売りました…。

そして今アマゾンで爆安特売を知って、その100PROの生まれ変わりであるIM03がの買いました!!!

スベック紹介

ATH-IM02
IM02.jpg

ATH-IM03
im03.jpg


付属品:ケース、シリコンイヤピース(S,M,L)、コンプライTMフォームイヤピース(Mサイズ)
* 別売:交換イヤピース ER-CKM55、コンプライTMフォームイヤピース(Mサイズ)
IMシリーズ着脱コード

視聴環境
音楽プレイヤー:SONY ウォークマン Z1070,、FOSTEX HP-A8、SONY CD WALKMAN D-E880、Xperiaスマホ
音源:アニソン1000曲以上、そのなかにMORA、OTOTOYから購入したハイレゾアニソンをいっぱい持ってます。

もっているハイレゾアルバム

OTOTOYから購入したもの:
WHITE ALBUM2 Original Soundtrack ~setsuna~ (2.8MHZ DSD)
WHITE ALBUM2 VOCAL COLLECTION (2.8MHZ DSD)
WHITE ALBUM2 オリジナルサウンドトラック (2.8MHZ DSD)
のうりん 挿入歌「コードレス☆照れ☆PHONE」 (48khz/24bit)

MORAから購入したもの:
春奈るな Oversky (96khz/24bit)
榊原ゆい 星刻の竜騎士 OP「聖剣なんていらない」 (96khz/24bit)
ALTIMA TRYANGLE (96khz/24bit)

などなど

PCでの音楽再生ソフトはFoobar2000

視聴

まずCK100PROの音色を紹介する

CK100PRO
前のオーディオ・テクニカのBA型フラグシップ、解像度は極めて高い、
その時はもはや最高レベルと謳われていた。
クリアで、超高い情報量で超高解像度で好評をもらいました。

しかしながら、欠点は無くでもない。
MMCXである着脱接点に故障が頻発する、私が持ってた100PROもそうでした、
幸い、まだ一年経ってなかったので新品に交換できました。
そのあと私は間もなく100PROを売りました。

そしてもう一つ、よく高音のところ刺さると言われます。
私はそれほど気にしませんが、やっぱり長時間で使用のはちょっとつらいと思います。


---------------------------------------------------------------------------------------------

しかしよ諸君
そんな欠点はすべて、IMシリーズで補強されました!!!
もちろん刺さらないしそして着脱接点はとても丈夫である!

それではIMシリーズの音についてご紹介します。

IM01:こいつはまだ幼女すぎなので売れないと思う、却下。シングルBAユニットなので、帯域にひどく制限されていますので、篭ってるに感じられます。

IM02:!!??これは本当に17000円の音ですか!?この限界まで伸びていく高音は今まで聞いてきたイヤホンの中で最強で言えるレベルです、しかも女性ボーカルの表現はなかなか優秀である、低価格のなかでアニソンに最適のイヤホンでしょう。しかしながデュアルBAユニットとは言え、低音の量感は極めて少ないです。
SAOのED2、Overfly(春奈るな)で視聴した時は感動でした。危うく注文するところでした。

IM03:この音!!!100PROのそっくり!CK100PROと同じくトリプルBAユニットであるIM03、同じく低音、中音、高音のばらんすがよく、解像度が極めて高い上、情報量は圧倒的!詳しいレビューはあとにしましょう。

IM04:IM03と比べて音が濃厚の上、高音が篭ってるに感じますね、しかしこれは帯域に制限ではなく、多分そんな音作りです。友達がヘッドホン祭でオーテクのスタッフに聞いてみたら、IM04はコンサートの音作りを再現したいという…とりあえず私には好ましくありませんです。そして高すぎます。


その中で、良作であるIM02とIM03をまた比べます。

最終決戦
どう比べても、迷う心は解消できませんでした。
IM02の澄んだ綺麗な高音は中々のメリットであって、しかし情報量と完成度ではフラグシップであるIM03に劣る。
IM03はIM02ほどの高音はありませんが、その代わり、バランスがよく、情報量が圧倒的、音場も広い、音の完成度はもう完璧で感じがする。


結論

科学的に分析すると

IM02:デュアルBAユニットとしては大健闘です。澄み切った高音は印象に残ります。情報量は上位機種に劣ります、それでも1万7千円のなかで最強と私は思います。
ロボット機体で例えすると、高音の出力に特化した機体である、その故機体自身の防御力は高くありません、HPも多くありません。しかしコストパフォマンスはとてもいい。

IM03:トリプルBAユニットにそれぞれ低音、中音、高音をお任せするの構成にしては完璧と私が思います。
圧倒的な情報量、圧倒的な解像度、CK100PROより強化された低音で曲にもっとリズム感があるように楽しめる。
高音の刺さりに解消され、転じて、100PROより上品で鳴る方。もう解像度重視ではなく、
音の完成度がとても高く、まるでポータブル型のAD2000X(オーディオ・テクニカのオープン型のヘッドホンフラグシップ)
の音作りです。
ロボット機体でで例えすると、さまざまな攻撃、防御、HPもバランスがよく、Sランクのエース級の機体です。


ちなみにフィット感はIM03がIM02よりほんのすこしいいと私は感じます。
02はちょっと小さすぎからかな
音漏れについてはどちらも特にしません、防音性は抜群です。

これからが本番

二次元的に分析すると

IM02:15歳、IM03の下の妹、運動が苦手ですが、天真爛漫で、小動物のようなちっちゃい体を持つ彼女の可憐な姿をみると誰でも可愛がって行きたいと思う。
「連れっていかないですか、お兄ちゃん」(脳内妄想CV:小倉唯)


IM03:17歳、完全無欠の生徒会長、容姿端麗成績優秀、運動も抜群、きっとどんな部活に入ってもエースになれる。
そしてお淑やかで、凛々しくて、全生徒の憧れの相手である。


そんなの選べられるもんか!

と思ってたですけど、いまのところ生徒会長さんは価格破壊である18900でアマゾンで特売中、
汎用性が高いIM03でなら、その万能の生徒会長なら、きっとどんなアニソンでも、ハイレゾな曲でも、変わりなくその優雅である姿を見せてくれるでしょう。

audio-technica トリプル・バランスド・アーマチュア型インナーイヤーモニターヘッドホン ATH-IM03

キャプチャ2


6/9追記:

キャプチャ

キャプチャ

今回の爆安値段はアマゾンの誤りだと証明されました。
価格.comのランキングで二位になりましたが、私の情報の通り、
アマゾンのミスでした、そして値段は元に戻しました。
少し残念ですが、4万円代のフラグシップ機種である音質を持っているのは変わらないです。
一度検討してみたらどうでしょうか。

ちなみにIM03が2万七千円に戻ったから、IM02も十分値段相応の価値があります。
同じく、大きくオススメします。
audio-technica デュアル・バランスド・アーマチュア型インナーイヤーモニターヘッドホン ATH-IM02


スポンサーサイト
comment (0) @ オーディオ
[情報] 6/30まで、iBUFFALOのPCサプライがクーポンで10%OFF―Amazon.co.jp | ATH IM03 開封の儀

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。