スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment (-) @ スポンサー広告

Office 2016を入れました。

2015/10/19
Windows10には無料で使えoffice mobileですが。
でも自動セーブ機能が面倒いし、.word mobileはdocを読むこともできない

なので、折角office365の一年分を持ってるから、
常に、最新版のofficeをダウンロードすることができる。
今の最新版は2016版です。

見た目はあんまり変わりません。上にあるバーの色がもっと鮮やかになる印象です。

word.png

excel.png

powerpoint.png







office365はofficeを買うよりお得でしょうか?2016に買い換える必要はありますか?




個人的に考えると 2007がリボンメニューという最近のもっとも革新的なアップグレード

2010はパフォーマンスが大きく改善され、立ち上がりの速度は明らかに2007より速い

2013は2010より少し速い、機能がもっと充実になりました、特にPowerPoint。 そしてタッチモードも搭載、タッチスクリーン搭載のパソコンにはメリットが大きい。

2016は2013版から受け継いたのはもちろん、
新機能と言えば、クラウドとの連携、共同編集が目玉です。

詳しくはマイクロソフト公式サイトに

新機能に必要性を感じないなら別に買い換える必要がない。
が、新しいOFFICEを手に入れるのなら、office365もしくは2016にしよう。

office365は常に最新版のofficeを手に入れられる上、32bit/64bitどの言語どのバージョンも選べる。
しかも、モバイル版のIOS版、アンドロイド版も付いてますし。
そして、クラウドストレージのonedrive 1TB、Skype Credit毎月60分無料さまざまなサビースがついてる。
ちなみに、その1TBのデータは仮にoffice365の期限が切れても消えません、永久にダウンロード可能です。

最後は値段です

Office Personal 2016がおよそ三万円

office365は一年で1万円。

同じ価格で最新版office,onedrive 1TB及び様々なサビースが使える。

どちらのほうがお得といえば、人によるですね。

毎回新しいofficeに買い換える人、もしくはビジネスで使う人なら365のほうがお得なと私は思います。




onedrive.png
office365は1TBのonedrive付き。








スポンサーサイト
comment (0) @ ソフトウェア

[ソフト紹介] 人工知能の技術で二次元画像を綺麗に拡大するソフト「waifu2x」

2015/10/18
オタクなら知らなければいけないソフト、それは必ずwaifu2x

waifu2xはultraist氏が最新鋭の人工知能技術 Deep Convolutional Neural Networks を使って開発したソフトです。
waifu2xの人工知能は、本来存在しない縮小される前の画像を想像で創ります。



waifu2xの凄いところ




*二次元画像の拡大は間違いなく最強!!

*JPEG劣化に劣化されてない画像を想像で作れる!!

JPEGノイズ、色ムラ 解消!!

*三次元に使える写真モードもある!!

*こんな凄い技術はなんと無料!!!



百聞は一見に如かず

例1

*この画像は作者のサイトから引用してもらいました。

例2

Original.png
こちらが元画像 解像度は500*500

after.jpg
waifu2xで1200*1200まで拡大 ノイズを取り除く(level2)

sample.jpg
画像ビュワーで両方共並べて比べる。その差は驚異的。
sample2.jpg
更に拡大して比べてみる、色ムラ及びJPEGノイズが消えた!

例3

左が元画像、右はwaifu2xで二倍拡大及びノイズを取り除く

sample3a.jpg
画像ビュワーで並べて比べて見る

sample3b.jpg


更に画像ビュワーで拡大して比べて見る、JPEGノイズが消えた!!



自分で試しましょう!




waifu2xのネットサビース

waifu2xの作者によって提供されてるネットサビース。
容量、解像度に制限がありますが、手軽に使おうと思うときはこっちで。





制限解除、waifu2xをローカルPCで使うのなら




ネットサビース版には制限ある、しかも人が増えると遅くなる。
制限をなくして、ローカルでwaifu2xを動かせたい方にはwaifu2xの派生作品をおすすめします。


*NVIDIA GPU
waifu-caffe
*AMD GPU
waifu2x-converter-cpp
*INTEL内蔵GPU
waifu2x-converter-glsl



私は特にwaifu2x-caffeをおすすめです。

waifu2x-caffeはルッタク氏より作られたwaifu2xの派生作品です。

waifu2xはcpu変換だととても遅いなので、

waifu2x-caffeはNVIDIA GPUで高速変換(cudaもしくはcudnn)ができる。その上GUIも提供されてる。

安定で使いやすいと思います。

そして、なにより、NVIDIAのグラフィックカードはより静かでパワフルで省エネです。


caffe.png

waifu-caffe

オススメるグラフィックカードについて、また、動画の拡大に興味がある方にはmadVRの記事にご参考ください。
comment (0) @ ソフトウェア

HTPC高画質化編 其の一、最強な動画再生ソフト「mpc-be 」

2015/04/17
ウインドウズにはいろいろな動画再生ソフトがある、

皆さんが良く使うやつって私も知らないですが、一般人なら普通はKMPプレイヤーかな。

しかしある程度以上の情強なら絶対MPCというソフトを知ってるはず。

MPCはやがてMPC-HCになって、

その開発者たちが揉めて(ロシア人)、一部の開発者たちがMPC-BEという派生ソフトを作った。

現在もMPC-BEとMPC-HCは併存してる。オープンソースなのでお互いのソースコードを参考して改良することもある、ともに歩くや競い合うの関係でもある。

どちらも現在トップクラスの動画再生ソフトなんだが、実際、どちらを使うのは好みの問題といえる。

自分はmpc-be押しです、その理由は後で語る。


まずMPCのメリットを説明しする。


1.極めてシンプルで、洗練されるインタフェース。

2.容量はとても小さい(10mbぐらい)、インストール版やポータブル版を選択できる。

3.X64 X86バージョン両方もある。

4.常に日進月歩(nightlyバージョンの開発はほぼ毎日進んでる、アップデートがとんでもないぐらい早い)

5.ほぼどんなフォマットも対応してる。

6.ビデオカードの動画再生支援機能(CPU使用率を減ることができる、省エネに繋がる。また、古いPCや弱いCPUの場合はこの機能を使えばサクサク動画再生できる

7.もっとも高効率のデコーダーを中に積んでる(もちろんアップデートとともに改良する)




続いてMPC-HCとMPC-BEの違いを説明する。




MPC-BE、フルネームはMedia Player Classic Black Editionである、
つまりBEというのはBlack Editionです黒いバージョン、
ツールパネルがまっ黒になって格好いいです。
そしてHCと違って、その色も好みに調整できる!

HCは灰色でダサい、なにより動画を見るにはそれがチカチカして邪魔してるように感じる。

こちらがMPC-BE、やっぱり黒いのが好き。
キャプチャ1


mpc-beとmpc-hcの違いはもちろんこでだけではない。


まずデコーダーについて、MPC-HCは現在もっとも有名なLAV filterを内蔵してる、
一方MPC-BEは独自のデコーダーを内蔵してる、でも改良を重ねて、時にLAVのソースコードも参考する、
効率はLAVに全然劣らない。(自分も両方も使って、CPU使用率を監視して、検証した。)

本当にどうしてもLAV filterが必要であればまたインストールすればいいのはなしです。

が、続いてここがポイント。

MPC-HCにはないが、MPC-BEはWASAPIに対応

WASAPIがわからないならググって。

簡単に言えば、音声を完璧のまま出力する必要があればWASAPIの独占モードが必要。(ビットパーフェクト)。

Bitperfect(またはbit-exact)という意味は一つのビットをなんの違いのないまま出力する。

つまり、音質対策といえば、MPC-BEが完璧です。

キャプチャ2



そしてもちろんMPC-BEもフリーソフトです。

ダウンロード先は
http://sourceforge.net/projects/mpcbe/files/MPC-BE/Nightly%20Builds%20%28from%20svn%20trunk%29/

一番上のを選べばいいです。
自分のパソコンが64ビットのOSを使ってるならx64をダウンロードして、32ビットならx86、
インストール版もポータブル版もよし、
自分はインストール版を使ってる、アップデートするのが便利なので。

出は今回はここまで、わからないことがあったら是非コメントで聞いてください。

次回は最強なレンダラ「MADVR」を紹介する。
comment (0) @ ソフトウェア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。